引越しの後に必要な書類についての作成ポイントは? | かんたん引越しガイド






引越しの後に必要な書類についての作成ポイントは?







引越しをする場合は住所が変わりますので、住所を登録していたり届出をしていたりする場合は、それらの情報もすべて変更届や変更手続きが必要になります。
引越しをするのはそう頻繁ではないとしても、引越しをしたら必ず必要になる手続きもあるので覚えておきましょう。

引越しに関して必要な書類について

今まで住んでいた場所と新しく引越す場所によっては、同じ市区町村内という場合もあれば、他の市区町村に移動する場合もありますが、これにより必要な書類や手続きも変わってきます。
もしも同じ市区町村内への引越しなら、管轄の役場は同じなので転居届を提出すれば、印鑑登録などの変更もやってもらえます。

今までとは違う市区町村に引越す場合は、役場の管轄が変わりますので、転出届と転入届が必要です。

今まで住んでいた住所の管轄役場に転出届を提出して、転出証明証を発行してもらいます。
今度は転出証明証を持って、新しく引っ越した住所の役場に転入届を提出します。
これで住民票も発行してもらえるようになります。

その他の必要書類で覚えておきたい事

住所が変わるので郵便物の手続きも必要です。
これは郵便局に転送届を提出すれば1年間は新しい住所に転送してもらえます。
1年間の猶予がありますのでその間に、すべての住所変更手続きを済ませておきましょう。
電気、ガス、水道に関しては引越し前の停止手続きと、引越し後の開始手続きが必要です。
電気やガス、水道に関しては電話をすれば対応してもらえますが、直接窓口で手続きする事もできます。
任意で加入する保険やクレジットカードも、住所変更の手続きをしておかないと後からトラブルになる事もあるので、早めに住所変更があった事を伝えておきましょう。
会社によっては郵送で必要書類を取り寄せたり送ったりする事ができます。
今がほとんどの人が携帯電話を持っていますが、固定電話の場合は回線の移設必要になりますが、予約をしないといけないため早めに予約をしておきましょう。