女性の引越しで荷物が大量になってしまうときはどうやって対処する? | かんたん引越しガイド






女性の引越しで荷物が大量になってしまうときはどうやって対処する?







女性の引越しで最も多い悩みの一つとして、荷物が多すぎるという悩みが多いのですが、この時どのように対処すれば良いと思いますか?

思い切って捨てる

引越しは片付けの一種だと捉え、この機会に必要なもの、不要なものに分け思い切って捨てると言う選択をすることも大切です。
と言うのも引越しをするとこれが必要、この家具が実は納まらなかったから別の家具に買い換えたいなど、買い替えや取替えが生じやすく、荷物が余計に増えてしまうことがあります。
引越し前から持ってきた荷物にさらに荷物がプラスされるわけですから部屋は物であふれてしまいますし、引越しをした意味もありません。
ですから引越しの荷物をまとめながら同時にゴミ袋を広げ、必要なものと不要なものに分けてしまうのです。

  • 特に服、食器、ぬいぐるみ、書籍などかさばりやすいものを中心に振り分けていくといいでしょう。

  • 意外と不要なものは多く、荷物の整理が終わったら荷物が10分の1まで減っていた、と言うこともよく見られることです。

    運べるものを別に運ぶ

    引越しの場合、荷物を積み込むことができるトラックの容量は決まっていますが、収まりきらないと思われる場合は運ぶことができる荷物は自分たちで運ぶと言う方法があります。
    トラックの容量をオーバーしてしまうと違うサイズのトラックを呼ばなければならないことになり、追加料金がかかってしまいます。
    それであればダンボール類や衣装ケースなど小さな荷物は自分で運んだ方がいい場合もあります。もちろん長距離の引越しの場合は無理ですが、

    • 同じ市内や近隣の市町村で車で移動できる、また友達などに頼むと軽トラックを出してくれると言うような場合はこの方法を取ってみるといいでしょう。

    • もし新しく家具を買い換えると言う場合は、家具屋さんでトラックを貸してくれる場合もありますので活用するといいでしょう。
      その場合、1時間まで無料、1時間いくらなどお店によって料金体系が違いますのでよく確認してください。
      無料配達してくれる場合もありますので、詳しいことは問い合わせてみてください。