引越し会社の補償には、どのようなものがありますか? | かんたん引越しガイド






引越し会社の補償には、どのようなものがありますか?







季節が変わり、春になると引越しシーズンとなります。とはいえ、春でなくてもGWや秋冬などは引越しシーズンだと言われています。
そんな引越しですが、会社によって補償はあるのでしょうか。
あるとすればどんな補償が用意されているのでしょう。実際使ってみて良かった、と思う補償制度はあるのでしょうか。

補償制度の用意された引越し会社を選ぼう

引越しの補償に関しては見積書の裏に書いてあることが多く、小さな字で書いてありますから見落としがちです。
引越し当日よりも引っ越した後のほうがトラブルが起こる可能性が高いため、しっかりチェックはしておきましょう。
例えば家具、建物などに傷がついてしまったらどうなるのか、荷物の一部を紛失した場合の保証はどうなるのか、など補償は色々ありますからしっかりチェックして問い合わせておきましょう。

トラブルの補償

引越しでの補償と言えば、やはり家財などの破損です。
人間が物を運ぶのですから、多少なりともその可能性があることは否定できません。ですから保険に入っている引越し会社もあるのです。
では荷物ではなく、実際の建物に傷が付いてしまった場合はどうなるのでしょうか。
後でチェックしても本当に引越し業者がつけたものか判断つきにくいので、引越し完了した後、すぐに家の中をチェックする必要があります。
階段の壁などは特に要チェックの部分です。
また荷物の紛失については引越し業者が補償することになりますが、ダンボールに番号などをつけておくことですぐに判明しますのでオススメです。業者側の手配ミスにより半日以上引越し作業が遅れたという場合も補償の対象となりますから、しっかりチェックしておきましょう。

このように引越しを何回もする人は少ないかもしれませんが、どのような補償があるのか知っておくことは損にはなりません。

大手引越し会社の補償額としては、作業中、運搬中の家財補償が1000万円まで、作業中の家屋の補償も1000万円まで、作業中の第三者の補償は1億円となっています。補償額についてはその業者によって異なりますから、事前に確認しておきましょう。