出張で単身引越しをする時に押さえておきたい事とは? | かんたん引越しガイド






出張で単身引越しをする時に押さえておきたい事とは?







出張で一時的に住まいを移さなければならないことは社会人なら十分にあり得ます。
当然引越しをしなければいけないのですが、出張、つまり期間限定の生活であることを意識することが大切です。

荷物は最小限におさえておくこと

引越しとはいえ一時的なものですからいずれは現在の住まいに戻ることになります。
ごくごく短い期間の場合はもちろん、ある程度の期間がある場合でもこの点は重要で、不要な荷物は極力持っていかないようにしましょう。
引越しの料金は荷物の量が重要になってきますので料金を抑えるためには必要最小限のものだけを新居に運ぶようにしなくていけません。
出張の期間に応じて何が必要で何が必要でないかをしっかり整理しておきます。
単身で引越しをするなら単身向けサービスを利用すればより安い料金で引越しが可能です。
荷物の量が少なければやはりお得になります。
また、自分自身の負担の減少というメリットもあります。

  • いずれまた引越しをするわけですから荷物が多ければそれだけ荷造り、荷解きに手間がかかります。

  • お仕事で忙しい中こうした作業をするのは思っている以上に大変で面倒なものですので自分のためにも荷物は最小限にしましょう。

    各種手続きについて

    通常の引越しでもそうですが各種手続きをすることが重要です。
    たとえば固定電話に関してはいずれまた使うことを考えると、解約してしまうのではなく、電話番号を将来また使えるように残しておいてもらう選択肢が出てきます。
    これは有料サービスなのですが電話番号を変えたくない場合には非常に便利なサービスで、電話会社に連絡をすれば簡単に手続きできます。
    出張中は車に乗らないという場合も保険会社に連絡し中断証明書を発行してもらいましょう。
    そうすることで等級を現在の状態のまま残すことができます。
    各種公共料金の住所変更などと併せてこうした手続きも済ませておけば面倒やトラブルを回避することができます。

    • 荷造りのことだけではなく、手続きについてもしっかり準備しましょう。