引越しの当日と前日にやっておくこととは? | かんたん引越しガイド






引越しの当日と前日にやっておくこととは?







引越しをスムーズに終わらせるためには、前もって準備しておくことが大切です。
依頼者としては、特に前日と当日に準備しておくべき点を確認しておきましょう。
ここで何か準備不足や手抜かりがあると、引越しがスムーズに行われなくなります。

前日にやることとは?

  • 前日にやるべきことは、とにかく引越しの荷造りを完了させておくことです。

  • 業者が来たら後は荷物を運ぶだけという状態にしておけば、引越し全体がスムーズに運びます。
    したがって、当日慌ててやることがないよう、前日までに全ての荷造りを完了させておいてください。
    もちろん引越し当日に使用するものもあるので、その分は別にして梱包を行うこと、また出来あがった段ボールの数についても確認しておいてください。
    これは、運んだ荷物の量について、後で業者との間で食い違いが生じないようにするためです。
    さて、荷造りについては、冷蔵庫と洗濯機については慎重に行う必要があります。
    この二つの家電を荷造りするときに注意すべきことは、水抜きをしっかり行うことです。
    水だけでなく機器の中に灯油が残っている場合もあるかもしれませんが、そうしたものも含めて、必ず抜き出しておきましょう。

    当日にやることを把握しておこう

    • 引越し当日に行うことは、まず携帯電話をしっかり充電させておくことです。

    • 当時はいかなるトラブルが発生するやもしれず、その際には業者の担当者と頻繁に連絡を取り合うような状況も生じるかもしれません。
      そうしたことを想定して、携帯電話の充電だけは確認しておいてください。

      • また、料金を支払うときに食い違いが生じないように、前もって見積書を確認しておくことも大切です。

      • 見積書と違うことが発生する可能性もありますが、そうしたトラブルを見逃さないようにするためにも、見積りの最終確認を怠ってはなりません。
        荷造りの際、見積書は他の荷物と分けて持っておくようにするといいでしょう。
        加えて、引越しの指定時間に合わせて、前もって食事や身支度を整えておくことも大切です。