協力者の手配 | かんたん引越しガイド






協力者の手配


友人の都合も考え、早めに頼みましょう

引越し業者に頼むにしても、レンタカーを利用して自分で引越しをするにしても、当日身内や友人知人に手伝ってもらう場合には、相手の都合も考え遅くても2週間前までには連絡しましょう。
あてにしていた人がいたとしても、特に週末などでは予定が入っていて、みんな断られてしまうなどと言う事もあり得ますので、早めの手配を心がけましょう。
また人選にも注意が必要です。要領が悪い人に頼むと、物を壊されたり、予定より時間がかかって業者から延長料金を請求されたりのトラブルが発生しかねません。気を付けましょう。

乳幼児や病人がいる場合、対応を考えましょう

家族での引越しの場合、乳幼児や病人がいることもあります。そんな時の対応も考えておく必要があります。荷物とは違ってデリケートな存在であり、世話をお願いするのであれば、できれば信頼できる身内に頼みたいものです。早めに連絡して都合をうかがいましょう。
病人の場合は、病状によっては医者の判断が必要なこともあるので、早めにかかりつけ医に相談した方がよいでしょう。