新居の掃除をしておく | かんたん引越しガイド






新居の掃除をしておく







一度掃除をしてから気持ち良く入居しましょう

引越し先が新築ならばあまり気にする必要はありませんが、中古であるならばリフォームをしていたとしても、やはり前の住民の生活跡が多少は気になるものです。またエアコンの取り付け工事など工事関係者が立ち入った場合も、汚れやごみがが残っている可能性があります。
ですので、可能であれば前日までに1度きれいに掃除して、気持ちよく入居したいものです。

とは言え、近距離での引越しであれば問題ないかもしれませんが、中距離以上の引越しの場合ではなかなか難しいかもしれません。
そんな場合には、次の3つのパターンが考えられます。

  • 1、新居や周辺の下見に来た時に一緒に掃除もする
  • 2、時間に余裕があれば改めて引越し前に掃除に来る
  • 3、家族での引越しであれば、引越し前日までに家族の1人が先に入り掃除する

何れにしても、荷物を入れてからの掃除では思ったようにできないので、搬入前の前日までに掃除は済ませた方がよいでしょう。

またその際には、自分たちが付けた記憶のない傷や汚れがないかなどよくチェックしましょう。
あれば写真に撮るなどして貸し主や不動産仲介会社と確認しあい、退去時に不当な修繕費の請求をされることのないようにしておきましょう。