銀行や保険などの住所変更 | かんたん引越しガイド






銀行や保険などの住所変更


お金関係の大事な引越し手続きです

銀行や郵便局など預貯金口座や、生命保険損害保険等の保険商品なども引越しする時は手続きが必要です。
忘れてしまうと、その後の大事なお知らせが届かなかったり、受け取るはずのお金が受け取れなかったりと思いがけず大きなトラブルになってしまうことがありますので、十分気を付けてください。

銀行預金

引越し先で今まで取引のあった銀行を利用するかしないかで、手続きの内容が変わってきます。

1、引越し先で利用する場合

 
引越し先にも同じ銀行の支店がある場合には、口座ごと新支店に引越しをするか、または支店は以前のままで住所変更だけするかと言う選択肢があります。何れの場合でも、どちらの支店に行っても手続きはできますので通帳、届け出印を持参しましょう。また、出向かなくても所定のはがきなどで手続きできる場合もあるので確認してみましょう。

2、引越し後に取引銀行を変える場合

引越し先に今まで取引していた銀行の支店がない場合など、前の銀行口座は住所変更して残しておいたまま新たに違う銀行に口座を開くケースと、前の口座は解約して新たに違う銀行口座を開くケースがあるかと思います。
解約、住所変更には通帳と届け出印、新規契約には届け出印が必要です。

銀行のローンやクレジット口座

引き落としの口座が変わらない場合には住所変更の手続きを行います。解約などで口座自体が変わる場合は、住所変更に加えて口座変更の手続きも一緒にしなければいけません。
ローンやクレジットの住所変更、口座変更の手続きをする事で、銀行からローン会社やクレジット会社に連絡が行くようになっています。

ローン・クレジット会社

契約しているローン会社やクレジット会社に連絡をします。伝えることは次の3点です。

  • 1、氏名
  • 2、新住所
  • 3、会員番号等

引き落とし口座が変更になる場合には、変更届の用紙を郵送してもらいましょう。
この手続きは銀行で行うこともできます。

公共料金等の自動引き落とし口座

引越し前と同じ銀行で口座が変わらない場合には、電力会社、水道局など自動振替の契約をしている所に住所変更の連絡をしましょう。
銀行を変える場合や、銀行は同じでも支店が変わり口座番号が変更するような時には、前の銀行口座の解約届を提出し、新たな口座で自動振替の依頼手続きを行います。

郵便貯金

郵便貯金は、全国どこの地域の郵便局でも住所変更手続きがが可能です。
通帳、届出印、身分が証明できるもの(運転免許証、パスポート等)を持参しましょう。

簡易保険

保険金の支払いの集金を依頼している場合には、取扱い郵便局に連絡します。伝えることは次の4点です。

  • 1、氏名
  • 2、新住所
  • 3、集金日
  • 4、証券番号

集金人に直接伝えてもよいですし、電話、はがき、郵便局窓口でも受け付けています。連絡をすることで引越し先の郵便局に通知が行って、そちらの方から集金に来るようになります。
窓口で払い込みをしている場合には、現在の取扱い郵便局に連絡し、引越し先の受持ち郵便局を指定してもらいましょう。今後はその郵便局で払い込みをします。

引越し前に手続きができなかった時には、引越し先の最寄の郵便局で受持ち郵便局を調べてもらって、住所変更の手続きを行いましょう。
何らかの理由で、3か月以上保険料が支払えないと契約が失効してしまいますので十分注意してください。

生命保険

契約している生命保険会社に住所変更の連絡をしましょう。本社、支社、営業所、代理店などどこでも大丈夫です。伝えることは次の4点です。

  • 1、契約者、被保険者の氏名
  • 2、新住所
  • 3、新電話番号
  • 4、保険証券番号

団体保険契約の場合には、職場の担当者に連絡して手続きを行いましょう。
保険会社は届け出を受けると、新住所の管轄の支社や営業所に連絡をして処理を行います。
この手続きをしないと、満期など大切なお知らせや、毎年年末に送られてくる「課税所得控除保険料証明書」が届かなくなるので、必ず行いましょう。
保険会社によっては、住所変更の届出用紙の提出が必要な場合もあるので、引越しが決まったら確認しましょう。

損害保険

契約している損害保険会社の本社、支社、営業所、代理店などに住所変更の連絡をしましょう。
伝えることは次の4点です。

  • 1、契約者、被保険者の氏名
  • 2、新住所
  • 3、新電話番号
  • 4、保険証券番号

自動車保険の場合には、引越しで車のナンバーが変わる時には新ナンバーがわかった時点で、損害保険会社の担当窓口に連絡しましょう。

株券

株券を所有し株主になっている会社や、信託銀行や代行会社などその会社の株券の取扱い業務を代行している会社に、引越しの連絡をします。住所変更届の用紙が届いたら、記入して手続きを行いましょう。
この手続きをしないと、決算報告や配当などの大切な書類が届かないことになりますので、必ず行いましょう。

その他の住所変更

引越しに伴う住所変更は、人によってこの他にもまだまだ沢山ありますのでもう一度よく考えてみてください。
多くの人に関わると思われるものを挙げておきます。

通信関係

  • 電話会社
  • 携帯電話会社
  • インターネットプロバイダー

自動車関係

  • ディーラー
  • JAF

会員関係

  • スポーツクラブ
  • 各種カード(百貨店などの友の会等)
  • ファンクラブ

資格関係

  • 各種免許

住所変更の手続きは、電話で済むもの、郵送のもの、または実際に行って手続きをしないといけないものなど様々です。事前によく確認をしましょう。