運転免許証の住所変更 | かんたん引越しガイド






運転免許証の住所変更


引越し後に所轄の警察署に届け出ましょう

引越しや結婚等によって住所、氏名、本籍地などの運転免許証の記載事項に変更がある時は、所轄の警察署もしくは住所地の運転免許試験場に届出が必要です。

同じ都道府県に引越した時

同じ都道府県内で引越した場合には、新しい住民票(新しい住所が記載されたはがきでも可)、氏名や本籍地が変わった場合には本籍地の記載されている住民票とともに「運転免許証記載事項変更届」を提出します。

その場で免許証裏面の備考欄に新住所などが記入され、手続き完了です。

他の都道府県に引越した場合

他の都道府県に引越した場合には、同じ都道府県に引越した場合に必要な書類に加えて顔写真(3.0×2.4㎝)が必要です。

運転免許証記載事項変更届

  • 届出先・・・所轄の警察署か新住所地の運転免許試験場
  • 届出人・・・本人
  • 必要者類・・・運転免許証、住民票(氏名、本籍地が変更の場合には本籍地記載の住民票)、印鑑、他の都道府県へ住所変更の場合は顔写真(3.0×2.4㎝)

女性は結婚時に、姓も住所も変更になる場合が多いですが、届出時に必要書類を間違えるなどして二度手間にならないように、よく注意しましょう。

尚、運転免許更新期間に記載事項に変更が生じた時には、あらためて変更手続きに行かなくても更新手続きの際に一緒にできますので、上記の必要書類を持参しましょう。