単身赴任の引越しで大変なことって何? | かんたん引越しガイド






単身赴任の引越しで大変なことって何?







引越しをする理由も人それぞれですが、夫が単身赴任するような場合は必要な手続きを知らなかったり、忙しくてなかなか手続きできなかったりという事もあるので注意しましょう。

引越し前にすべき内容について

単身赴任での引越しも基本的にやっておく事はほとんど同じです。
単身赴任の期間が短い場合は住民票も移さずそのままにしておく人もいますが、単身赴任中に病気になったり、事故にあったり、怪我をして病院にかかるような場合は、適切な治療が受けられない事があるので、面倒でも転居届と転入届は出しておきましょう。

  • 引越ししてから14日以内に手続きすると決まっていますが、家族なら手続きの代行ができるので妻が代わりに手続きできます。

  • 念のため世帯主の変更届も出しておくと安心ですし、手続きの仕方がわからなくても役場の窓口で教えてもらえます。

    生活に関する注意で知っておくべき事とは?

    単身赴任の場合は元々住んでいた家には妻や子供がそのまま暮らすので、水道、ガスや電気の停止手配は不要ですが、新居での利用開始手続きは必要です。
    この場合は立ち会いが必要になりますので、誰かが立ち会う必要があります。
    距離が遠い場合は移動も大変ですが、引越し当日妻が手伝いに行くなら日にちを合わせてその日に開始手続きをして、立ち会いも済ませておくと安心です。
    手続きは電話でもできますし、申込書は郵送も可能ですからそれほど苦労はないはずです。

    単身赴任中は自炊をする人もいますが、単身赴任が終わり家に戻れば家具や日用品なども不要になります。
    安いものを揃えるのもいいと思いますが、最初から家具付きの部屋を借りるとか、日用品はレンタルするという方法もあります。
    不要になったら返却すればいいだけですし、家具付きの家なら荷物も少なく引越しも楽です。

    • 引越し前に揃えるのもいいのですが、結局使わずそのままという事もあるので、購入する場合は必要に応じて買い足す程度でも十分でしょう。

    • 家に余っている物を持っていくのもおすすめです。