家族で引越し場合の近所への挨拶で気を付ける事とは? | かんたん引越しガイド






家族で引越し場合の近所への挨拶で気を付ける事とは?


今は昔と比べて近所付き合いをしない人の方が多くなっていますが、家族での引越しの場合はご近所さんとの付き合いもあると思いますので、引越し前と引越し後の挨拶はしておきたいものです。

今まで住んでいたところでの挨拶

今まで住んでいた家の場合は、付き合いがあったところにはマナーとして挨拶をしておいたほうがいいでしょう。

  • 特に深い付き合いがなくても、引越し当日は何かと騒がせてしまいますので、迷惑をかける可能性があると一言伝えておくだけでも印象は変わります。

  • 引っ越してしまえば二度と会わない人でも、一応マナーとして一言挨拶はしておくほうがいいかもしれません。

    新居での挨拶の際に知っておきたい事

    最近はマンションでも隣人の顔を見た事もないというケースが多いのですが、家族で引越しをする場合は子供同士の付き合いなどもありますので、ご近所さんへの挨拶は欠かせません。
    引越し当日は荷物の運び入れ、トラックの出入りなどもあるので、ご近所さんの中にはうるさいと迷惑がる人もいるかもしれません。
    引越し前に挨拶をしておけば、多少の音も引越しなら仕方ないと大目に見てもらえます。
    もちろん引越してきたら、洗剤やタオルなど品物を持って挨拶に行くのもマナーです。
    ただしいくら家が近くても生活スタイルが違えば、挨拶のタイミングによっては迷惑になる可能性もあります。
    挨拶に行ってもいない場合はメモなどを残し、後日顔を合わせたときに改めて挨拶しましょう。

    • 一軒家の場合は向こう三軒両隣を目安にすればいいですし、マンションの場合も両隣と上下の人に挨拶をしておけば大丈夫です。

    • 管理人さんが在中している場合は管理人さんにも挨拶をしておきましょう。
      大家さんがいる場合は大家さんへの挨拶も忘れないようにしてください。
      特にしなくても問題ないとか、煩わしいと思う人もいますが、挨拶をするのは悪い事ではありませんし、ご近所さんの場合は顔を合わせる事も多いので印象も変わってきます。

      • 挨拶は引越し後2日から3日以内には済ませておきましょう。